先ず、水周りとは一体何でしょう、

先ず、水周りとは一体何でしょう、

最近はよく、生活インフラという言葉が頻繁に使われます。 生活を実現するための基盤となっているものは何によらずインフラと呼ばれていますが、同時にライフラインという用語も一般的に使われるようになっているようで、日常生活を支えるインフラという言い方ができると思います。 この内の最も重要な一つに「水」があり、これは絶対に必要不可欠なもので、ただ飲料ばかりでなく、調理用の水から洗浄や清掃の生活用水として欠かせません。 又、これらは常に生活雑廃水としても処理しなければなりません。 即ち、普通の生活を営む上では、どうしても水が必要になってきます。 これら、生活の為に水を扱う場所、水道を通して水が出る部分、それらの水を処理する排水設備、これらを「水周り」と称しています。
普通の住宅や人々の生活や仕事の場であれば、台所や洗面所、風呂場にトイレ、洗濯場、等々、主に水道からでる給水部分とそれに合わせる様に排水される部分を水周りと言っています。

電気温水器の交換工事を実施しました、

大阪で水道修理,水漏れやトイレ・排水つまりなら緊急出張のマルチ救急24大阪へお任せ – 大阪 水道修理、トイレ・排水つまりなら水道修理専門のマルチ救急24へ
電気温水器の交換工事を実施しました、

我家で永年使い慣れた水周りの一つである電気温水器の取替工事が遂に発生しました。 大事な給湯設備が老朽化して遂に、水漏れ、実際にはお湯漏れなんですがね、生じてしまったのです。 
これは電気温水器と言って、この給湯は台所をメインに風呂場や洗面所などで使用していますが、熱源は深夜電力の200vの動力用電源で、5割引料金と言う特典が付いている形で使用しているものです。 そして、職人業者の見立てですと修理は不可と認定され、遂に仕方なく新しいのを設置することになりました。
メーカーは旧来と同じ三菱社の同じものですが、今回は鉄製のものから錆の来ないステンレスの金属を使用した温水器です。 ネット等で価格を調べると同様の大きさで17万円前後のものでした。
この時、3社ほどの工事業者に見積もりを取ったところで、3社三様の金額が提示されましたが地元のの最安値の所、工事込みの金額で22万円にお願いして無事工事は1日で終了しました。 

水周りのリフォームを思い切って依頼して良かったです。

我が家は一戸建てなのですが、2階部分のトイレには簡易手洗いしか設置して
ないので、洗面台のように洗い場がないためとても不便でした。

拭き掃除の時や水道を使いたい時に、わざわざ1階まで降りてというのが
本当に面倒でした。

他の部分もリフォームしたかったので、ついでに2階の空きスペースを利用して
洗面台をつける工事を依頼しました。洗面台そのものを取り付ける日数は
1日で完了。洗面台の上部に吊棚をつけてもらったのですが、思った以上に
収納力があり、タオルやトイレットペーパーを入れることができるので、
周辺がすっきりしました。

今までのトイレ内にある手洗い場は小さすぎて、両手をあわせて洗うのが
やっと。
鏡がつき小物が置けるスペースもあるので、想像以上に快適な生活を送ることが
できています。

リフォーム全体の工期日数は多かったですが、待ったぶん喜びは大きいです。
使い勝手がよくなり、家族からも好評です。迷いましたが思い切ってリフォーム
して良かったです。